Subscribe and follow

【ハンドメイド】別珍アンティークタッセルボンネット

☆記事内の写真全てクリック拡大します。


ハンドメイドで服飾系のものを作ると、高確率で予算のかかったゴミが生まれるのですが(笑)先日更新した蝶アクセもこのボンネもお気に入りです。
前についている花は既製品のブローチです。
自作でヴィンテージ風な花コサージュも作る予定だったのですが、たまたま手芸店で可愛いものを発見したのでつけました。
お人形や少女というより、19世紀の女性。
貴族というより貴婦人。そんなイメージ


ボンネットのデザインですが、蝶のときと同じで100%自分で考えたものではありません。
以前ネットで見かけたハーフボンネット(ブランドさんやショップ不明)からまねています。
その素敵なボンネが買えたらきっと自作しなかったと思いますが、どこで買えるのかわからず。
(恐らく過去物なので、今は手に入らないでしょう。)
他にどんなお洋服やボンネを作っていらっしゃるのか気になるので、ブランドさんにお心当たりのある方がいらっしゃればご一報いただけると嬉しいです。
一応オリジナルで色々考えたところもあるのですが、もほうのようなものだと思います。
この辺りのことは最後に記載します。


最近手芸店等で売っているミニタッセルを見て、つけると可愛い気がしたので取り入れてみました。
これは自分で考えた点なのですが、知らないだけで既に取り入れているブランドさんはあるかもしれませんね(´ `)
ないのだったら、タッセルを使ったヘアアクセサリーとか今後考えてみたいなって思っていたり。


着用するとこのようになります。
前から見ると横のタッセルは見えませんので、控えめでシンプルな印象になります。
縁についているケミカルレースはグリーンとブラウンの染め粉を混ぜて染めましたー
乾くまでどんな色に仕上がるかわからなかったので不安でしたが、イメージ通りになって満足!
失敗したなと思うのは、本来見えなくなる予定で作っていたところが見えてしまっていること。
縁の部分です。糸まで見えてしまっているので、後日ベルベットリボン等をつけて誤魔化そうかな…

--------------

さてさて、ハンドメイドの「もほう」について私なりの考えを。
ファッションもデザインもまずはまねることからはじめるものだと思うのです。
お料理もイラストだってそう。
アクセやお洋服製作、雑誌を見たり既製品の型紙を使ったり。
はじめから完全なオリジナルを作ることができる方ってほんとのほんとに極少数だと思っています。
・商用利用
・もほうをしたことをあやふやにしたり自分で考えたかのように偽ること
これらをしなければ個人の趣味の範囲であればグレーなのではないかなって思っています。


いつか一から自分でデザインをして何にも影響されていないアクセやボンネットを作りたいと思っています。
だけど、これだけ素敵なデザインが溢れている世の中なので自分だけのオリジナルを作るのはとても難しいでだろうなとも思ってしまいます。
たくさん勉強して一から生み出してみたいものです。

Sponsored Links

関連記事